人として父として、かくありたい。――「流転の海」と私 中村義洋(映画監督)

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

野の春―流転の海 第九部―

『野の春―流転の海 第九部―』

著者
宮本輝 [著]
出版社
新潮社
ISBN
9784103325192
発売日
2018/10/31
価格
2,268円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

流転の海 愛蔵版 全9巻セット

『流転の海 愛蔵版 全9巻セット』

著者
宮本輝 [著]
出版社
新潮社
ISBN
9784103325208
発売日
2018/10/31
価格
54,000円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

人として父として、かくありたい。

[レビュアー] 中村義洋(映画監督)

中村義洋
中村義洋

 視点の切替、伏線の置き方、邂逅の必然、妬みの怖さ、父とは母とは……物語の在り方はすべて『流転の海』から学んできたように思います。
 二十代で読み始めて二十数年。間もなく自分は第一巻の熊吾の年齢に達します。それに近づくにつれ熊吾の気持ちが痛切に沁み入り始めた頃、第六巻のタイトルに「慈雨」の文字。これだけで泣いてしまいました。人として父として、かくありたいです。

新潮社 波
2018年10月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加