【児童書】『ミツバチと花の迷宮』きのとりこ著、佐々木正己監修

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミツバチと花の迷宮

『ミツバチと花の迷宮』

著者
佐々木正己 [監修]/きのとりこ [著]
出版社
評論社
ISBN
9784566023864
発売日
2019/03/08
価格
1,944円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【児童書】『ミツバチと花の迷宮』きのとりこ著、佐々木正己監修

[レビュアー] 産経新聞社

 植物の受粉に欠かせないミツバチ。世界の花々をミツバチ目線でめぐる。「花の中に埋もれ、その中でさまようような感覚を体験できる絵本を作りたい」と作者は本の中に記している。

 大きく描かれた花はミツバチを誘うように咲き誇り、迷路のような花の中をミツバチが飛ぶ。花にとってミツバチは大切なパートナーであることが伝わってくる。塗り絵としても楽しめる自然科学絵本。(評論社・1800円+税)

産経新聞
2019年5月19日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加