【児童書】『青い鳥文庫ができるまで』岩貞るみこ作

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青い鳥文庫ができるまで

『青い鳥文庫ができるまで』

著者
岩貞 るみこ [著]/藤田 香 [著]
出版社
講談社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784062855013
発売日
2015/07/10
価格
770円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【児童書】『青い鳥文庫ができるまで』岩貞るみこ作

[レビュアー] 渡部圭介

■ドラマチックな出版世界

 昭和55年創刊、来年40年を迎える講談社の児童書レーベル「青い鳥文庫」が送る、タイトルそのままの一冊。作者で、ノンフィクション作家の岩貞るみこさんが「事実度99%以上」と書くいわばノンフィクションだ。本が書店に並ぶまでの流れを、親しみやすい小説仕立てで紹介している。

 締め切りが過ぎても原稿を送ってこない作家に、焦るスタッフたち。児童書に欠かせない挿絵で苦悩したり、さまざまなトラブルに遭遇したり…。どんな本にも起こっているであろう数々の「あるある」は、一冊の本ができるまでに、多くの労苦が重ねられていることを知る。書店を含めた、本の出版にかかわるすべての人たちをいとおしく思うとともに、本そのものを大切にしたいと感じる。

 文庫入りは4年前だが、多くの小学生におすすめしたい一冊。ちなみに、新聞社でも日々、本書内の編集部と似たような景色が展開する。小説のように印刷間際で確認もれに気付く、ドラマチックなことが起きていれば助かるのに…と思う。(講談社青い鳥文庫・700円+税)

 渡部圭介

産経新聞
2019年10月6日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加