【気になる!】新書『イミダス 現代の視点2021』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イミダス 現代の視点2021

『イミダス 現代の視点2021』

著者
明石 順平 [著]/雨宮 処凛 [著]/荒井 裕樹 [著]/伊藤 圭一 [著]/指宿 昭一 [著]/印鑰 智哉 [著]/大内 裕和 [著]/岡田 充 [著]/香山 リカ [著]/笹山 尚人 [著]/佐藤 文隆 [著]/想田 和弘 [著]/田野 大輔 [著]/鳥畑 与一 [著]/成田 龍一 [著]/饒村 曜 [著]/橋本 淳司 [著]/布施 祐仁 [著]/三木 義一 [著]/安田 浩一 [著]/安田 峰俊 [著]/山本 潤 [著]/渡辺 由佳里 [著]/満田 夏花 [著]/イミダス編集部 [編集]
出版社
集英社
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784087211429
発売日
2020/11/17
価格
1,034円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】新書『イミダス 現代の視点2021』

[レビュアー] 産経新聞社

 昭和61年から刊行の現代用語事典『情報・知識imidas』は平成19年版を最後に紙媒体からウェブサイトでの運営になった。

 本書は、同サイトの最近の記事から〈日本の「現在地」を俯瞰(ふかん)〉し、一歩先の未来を読み解くために、各分野の専門家が執筆した24本を厳選、収録した。

 「コロナの時代」の章では、精神科医の香山リカさんが〈感染拡大による「心の死」を防げ!〉とコロナ禍の「最大の苦痛」を説く。また政治、経済、法律、外交、教育、防災などの問題で、今、われわれが立つ岐路を考えさせる。(イミダス編集部編、集英社新書・940円+税)

産経新聞
2020年11月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加