【気になる!】新書『新型格差社会』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新型格差社会

『新型格差社会』

著者
山田昌弘 [著]
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784022951205
発売日
2021/04/13
価格
825円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】新書『新型格差社会』

[レビュアー] 産経新聞社

 「パラサイト・シングル」や「婚活」などの言葉を浸透させた家族社会学の第一人者が、新型コロナウイルス禍に広がる日本の格差を見つめた一冊。

 経済的な側面だけでなく、「教育」「家族」「仕事」「地域」「消費」の視点からも分析。格差の拡大は平成時代から進行していたが、コロナで目に見える形となったことを、テレワーク実施率など豊富なデータを引用しながら解説。幼少期からの教育格差が所得格差に続いていることで、貧困ループから抜け出すことが難しくなったと指摘。日本社会を覆う「自己責任論」に疑問を呈している。(山田昌弘著、朝日新書・825円)

産経新聞
2021年5月2日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加