私は短編が好きだ 『開城賭博』著者新刊エッセイ 山田正紀

エッセイ

11
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

開城賭博

『開城賭博』

著者
山田正紀 [著]
出版社
光文社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784334914257
発売日
2021/09/24
価格
2,090円(税込)

書籍情報:openBD

私は短編が好きだ 山田正紀

[レビュアー] 山田正紀(作家)

 短編を書くのが好きだ。

 なぜなら、すぐに書き終わるから、と人に言い、エッセイにも書いたが、そしてそれは必ずしも嘘ではないのだが、書きおわったとき、まれに自分でもこれはまずまずの出来ではなかろうか、という手ごたえを得ることがある―総じて自信に欠ける私としては、これはじつにめずらしい感触であって、そのことがあるから短編を書くのはやめられない、好きだ、という気持ちにもなるのであろう。

 今回の『開城賭博』は、最初、宮内悠介(みやうちゆうすけ)さんの「博奕(ばくち)のアンソロジー」に書かせていただいた短編をとっかかりにし、何本か、書かせていただいたものを―書き下ろしの中編一本を加えて―一冊にした。

 べつだん、そんな注文があったわけではないのだが、最初に書いた「開城賭博」が幕末を舞台にした短編ということもあって、それ以外のものも―濃淡こそあるものの―歴史に材を取った作品になっている。それなりに作品のバラエティにも意をつくしたつもりであり、まずは楽しんでいただける内容になっているのではないか、と自惚れている。

 これら以外にも、歴史に材を取った短編の腹案は何本かあるし、それ以外にもミステリー短編、SF短編もそれぞれに一冊分ぐらいのストックはある。そのほかにも、これはどういうジャンルに入れればいいのかわからない―強いて言えば「奇妙な味」ということになるのだろうか―短編の腹案も何作かある。いつか書きたい、書ければいいな、と思っている。

 これはもちろん売り込みのつもりであり、もういい歳なのだから、こんなことを臆面もなしに書くのは、はしたない、という思いもあるにはあるのだが、どうしてか短編にかぎっては、あまり恥ずかしいという気がしない―これが要するに、短編が好き、ということなのだろう、と思う。

光文社 小説宝石
2021年10月号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

光文社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加