【漫画漫遊】『ぱらのま』kashmir著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぱらのま 1

『ぱらのま 1』

著者
kashmir [著]
出版社
白泉社
ジャンル
芸術・生活/コミックス・劇画
ISBN
9784592711131
発売日
2017/01/31
価格
913円(税込)

書籍情報:openBD

【漫画漫遊】『ぱらのま』kashmir著

[レビュアー] 本間英士

■ふらりと旅に出たくなる

お盆も過ぎ、久々に帰省や旅行をした人も多いだろう。本作は鉄道やバスでの一人旅をこよなく愛する女性が、気ままに日本各地を旅する情景を描いた漫画だ。読み終えた後、ここまでふらりと旅に出たくなる作品はそうそうない。普段暮らす街の魅力や、何気ない景色の美しさにも改めて気づかせてくれる。

主人公は東京在住で年齢不詳の「お姉さん」。とりあえず適当な電車に乗ってから目的地を決めるなど、基本的にその場のひらめきで小旅行をする。観光名所より、電車やバスに乗ること自体が楽しいタイプだ。ゆるい旅路のため乗り継ぎミスなど失敗も多いが、それはそれで旅の醍醐味(だいごみ)。「自分の足で歩いて迷ってこその旅」などの持論にも説得力を感じてしまう。

東京が舞台の話も多い。いい感じの坂と階段を求めて一日中さまよったり、頭に数字がつく駅を一(一之江(いちのえ)駅)から数字順に訪れたり…。無意味の極致ともいえる行動なのだが、乗り換えの手法に頭を絞り、最適解を見つけるまでの試行錯誤が読み応え十分。一人飯の愉悦を描いた「孤独のグルメ」の魅力に相通じる点がある。

旅先の「あるある」ネタやうんちくもびっしりと描かれている。ドンピシャのタイミングで1日数本のバスに乗れたときの高揚感。旅が終わって最寄り駅に着き、日常に戻ってきたことを実感したときの一抹の寂しさ。多くの人が旅先で味わうものの、日常生活に追われるうちに忘れてしまう感情を追体験できる。

その一方、色恋などの要素はほぼなく、主人公の名前すら出てこない。旅以外の情報は不要と言わんばかりで潔い。他の主要人物もわずか3人。博識な鉄道マニアの兄に、旅先で出会った〝旅下手〟の女性、路地好きの女子生徒…。いずれも関係性が絶妙で、ときどき行動を共にする程度の距離感もちょうど良い。

1話完結で読みやすく、肩肘張らず旅エッセーのように読めるのも特徴。個人的にも、新幹線などに乗る際に電子書籍で読み返している。コロナ禍の収束が見通せないこんなご時世だからこそ、コロナ以前を思い出すお気楽な旅路に心底うらやましさを覚える。

「夢の中みたい」な景色を見られるという岐阜・飛騨金山の路地めぐりをはじめ、本作に登場する場所は行きたいところばかり。ああ、旅に出たい…。既刊5巻。(白泉社・各913円)

本間英士

産経新聞
2022年8月21日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加