『ウクライナ美術への招待』海野弘著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウクライナに愛をこめて ウクライナ美術への招待

『ウクライナに愛をこめて ウクライナ美術への招待』

著者
海野弘 [著]
出版社
パイ インターナショナル
ジャンル
芸術・生活/絵画・彫刻
ISBN
9784756256911
発売日
2022/11/15
価格
2,750円(税込)

書籍情報:openBD

『ウクライナ美術への招待』海野弘著

[レビュアー] 産経新聞社

ロシアによるウクライナ侵攻はいまだ終息への出口が見えない。今この瞬間にも人命だけでなく、人々が大切にしてきた文化財や美術が危機にひんしている。

そもそもウクライナ美術について明確なイメージを描ける日本人は少ないだろう。まずは知ることから。幸いにも本書には、作品図版が豊富に掲載されている。

帝政ロシア時代の国民的画家レーピン、海洋画家アイヴァゾフスキー、ロシア・アバンギャルドの旗手マレーヴィチ…。今までロシア美術史の中で認識していた重要な画家に、ウクライナ出身者が多いことに驚く。(パイ インターナショナル・2750円)

産経新聞
2023年1月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加