「新書大賞2017」に輝いたのは タブーを全て暴露した『言ってはいけない』【新書ベストセラー】

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月21日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、新書 ノンフィクション第1位は佐藤愛子さんの新刊『それでもこの世は悪くなかった』が獲得した。
 第2位は気鋭の研究者が戦国乱世の扉を開いた大事件を読み解いた『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱』。第3位は 脳科学者・中野信子さんが最新脳科学で解説する『サイコパス』となった。

 4位以下で注目は4位にランクインした『言ってはいけない 残酷すぎる真実』。遺伝や美醜に依る問題など、普段は口に出せないタブーに切り込み、科学的なデータに基づいて解説している。同書は2月9日、2015年12月~2016年11月に刊行された1300点以上の新書から「最高の一冊」を選ぶ「新書大賞2017」で1位に輝いた。発行部数も累計40万部を突破し、2016年4月の発売以降新書ランキングで常に上位に位置しているロングセラーとなっている。古舘伊知郎さんや気象予報士の森田正光さんら著名人がテレビ・ラジオで同書に触れたことでも話題となった。

■新書 ノンフィクションランキング

1位『それでもこの世は悪くなかった』佐藤愛子[著](文藝春秋)

人から見たら悲劇かもしれない人生。しかし、正々堂々、力いっぱい生きた私はいま、満足だ――こんな佐藤愛子は、どうしてできた? ワガママ盛りの6歳で聞いた乳母の言葉は、思えば初めての人生の教訓だった。以来、父・佐藤紅緑、母、先輩や友の影響を受けて出来上がったのは、「他人から理解されないばかりでなく、自分でも何かわけのわからない、ヘンな佐藤愛子」。そして二度の結婚に失敗、夫の借金に巻き込まれ、それでも人は幸福に生きられる!93歳、初の語り下ろし人生論。(文藝春秋ウェブサイトより)

2位『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱』呉座勇一[著](中央公論新社)

室町後期、諸大名が東西両軍に分かれ、京都市街を主戦場として戦った応仁の乱(一四六七~七七)。細川勝元、山名宗全という時の実力者の対立に、将軍後継問題や管領家畠山・斯波両氏の家督争いが絡んで起きたとされる。戦国乱世の序曲とも評されるが、高い知名度とは対照的に、実態は十分知られていない。いかなる原因で勃発し、どう終結に至ったか。なぜあれほど長期化したのか――。日本史上屈指の大乱を読み解く意欲作。(中央公論新社ウェブサイトより)

3位『サイコパス』中野信子[著](文藝春秋)

平気でウソをつくけど、罪悪感ゼロ。時には自分が被害者のように振る舞う。他人を利用することに長け、人の痛みなどまったく感じない。あなたの周りに、こんな人はいませんか? もともとサイコパスとは、連続殺人鬼などの反社会的な人格を説明するために開発された診断上の概念。精神医学では明確なカテゴリーに分類されておらず、誤ったイメージやぼんやりとした印象が広まっていました。ところが近年、脳科学の劇的な進歩により、状況は変わってきました。そんなサイコパスの正体を解き明かす話題の書(文春オンラインより抜粋)

4位『言ってはいけない 残酷すぎる真実』橘 玲[著](新潮社)

この社会にはきれいごとがあふれている。人間は平等で、努力は報われ、見た目は大した問題ではない――だが、それらは絵空事だ。往々にして、努力は遺伝に勝てない。知能や学歴、年収、犯罪癖も例外でなく、美人とブスの「美貌格差」は約三六〇〇万円だ。子育てや教育はほぼ徒労に終わる。進化論、遺伝学、脳科学の最新知見から、人気作家が明かす「残酷すぎる真実」。読者諸氏、口に出せない、この不愉快な現実を直視せよ。(新潮社ウェブサイトより)

5位以下は次の通り

5位『日本の武器で滅びる中華人民共和国』兵頭二十八[著](講談社)

6位『キャスターという仕事』国谷裕子[著](岩波書店)

7位『母親力 息子を「メシが食える男」に育てる』森 昌子[著](SBクリエイティブ)

8位『雑談力 ストーリーで人を楽しませる』百田尚樹[著](PHP研究所)

9位『怖いほど運が向いてくる!四柱推命』水晶玉子[著](青春出版社)

10位『テレビじゃ言えない』ビートたけし[著](小学館)

■新書 ノベルスランキング

1位『僕のヒーローアカデミア(2) 雄英白書』誉司アンリ[著](集英社)

2位『魔界都市ブルース(14) <霧幻の章> 』菊地秀行[著](祥伝社)

3位『旭日、遥かなり(4)』横山信義[著](中央公論新社)

4位『東京喰種 トーキョーグール:re Novel [quest]』十和田シン[著](集英社)

5位『BLEACH WE DO knot ALWAYS LOVE YOU』松原真琴[著](集英社)

6位『異邦戦艦、鋼鉄の凱歌 マレー沖の激突!』林 譲治[著](経済界)

7位『M』いとう由貴[著](笠倉出版社)

8位『二つの首相暗殺計画』西村京太郎[著](実業之日本社)

9位『札沼線の愛と死 新十津川町を行く』西村京太郎[著](実業之日本社)

10位『淫楽の神が住む都 ~淫花シリーズ番外編~』いとう由貴[著](リブレ)

〈新書 ノンフィクション / 新書 ノベルス ランキング 2月21日トーハン調べ〉

BookBang編集部

Book Bang編集部
2017年2月25日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ニュース