林真理子がラジオ番組に出演 ロバート・キャンベルが『西郷どん!』『愉楽にて』執筆秘話や文学論を聞く

イベント

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月18日(日)19時からTOKYO FMでサンデースペシャル「人生に、文学を。」(第3回)が放送される。日本文学研究者のロバート・キャンベルが毎回小説家をゲストに迎えて、日本文学の真髄に迫る特別番組。

「人生に、文学を。」は、TOKYO FMが芥川賞や直木賞などを主宰する公益財団法人日本文学振興会と共に贈る“聴いて親しむ日本文学”の年4回シリーズで、第3回の放送はNHK大河ドラマ『西郷どん!』原作者の林真理子をゲストに迎え、人生により深みを与えてくれる「文学」の役割について伺った。

 林は「歴史小説は一息に読ませないといけない。時間が経つと、その(時代の)空気に浸れないから」と歴史小説の難しさや「私の周りはお金持ちで知的な方が多くて、ネタは長年仕入れていました」と日本経済新聞で「愉楽にて」を連載されている、地位も財力もある中年男性の愛欲を描いた官能小説「愉楽にて」についての創作秘話を語った。

 ゲストの林真理子は、1954年山梨県生まれ。1982年にエッセイ集『ルンルンを買っておうちに帰ろう』が大ベストセラーになる。1986年に「最終便に間に合えば」「京都まで」で直木賞を、1995年に『白蓮れんれん』で柴田錬三郎賞を、1998年に『みんなの秘密』で吉川英治文学賞、2013年に『アスクレピオスの愛人』で島清恋愛文学賞を受賞している。そのほかの著書に『不機嫌な果実』『野心のすすめ』『出好き、ネコ好き、私好き』『大原御幸 帯に生きた家族の物語』など著作多数。

番組概要
■タイトル
TOKYO FMサンデースペシャル『人生に、文学を。』
■放送日時
2018年2月18日(日)19:00~19:55 ※不定期・年4回放送予定
■出演
ロバート・キャンベル/林真理子
■提供
日本文学振興会
■放送局
TOKYO FM
■番組HP
http://www.tfm.co.jp/jinsei-bungaku

2018年2月14日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加