村上春樹原作の映画がカンヌ国際映画祭のコンペティション部門にノミネート

映像化

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イ・チャンドン監督の映画「BURNING」のポスタービジュアル
イ・チャンドン監督の映画「BURNING」のポスタービジュアル

 村上春樹の短編小説「納屋を焼く」を原作にした映画作品「BURNING」が第71回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門にノミネートされた。

 映画「BURNING」は、韓国の映画監督イ・チャンドンが8年ぶりに発表した作品で、幼なじみのヘミに再会したジョンスが、正体不明の男を紹介され、不思議な事件に巻き込まれてしまうミステリー作品。主要人物を演じるのは、海外ドラマ「ウォーキング・デッド」への出演で知られるスティーヴン・ユァンと漫画家・よしながふみの作品を原作とした映画「アンティーク-西洋骨董洋菓子店」(2008年)に出演したユ・アイン、演技の経験が全くない新人女優のチョン・ジョンソとなっており、スティーヴン・ユァンはNetflixオリジナル作品の映画「オクジャ」(2017年)に続いて2年連続のカンヌ行きとなった。

 村上春樹作品の映画化は、2010年に公開されたトラン・アン・ユン監督による「ノルウェイの森」と同年に公開されたカルロス・キュアロン監督による短編作品「パン屋再襲撃」以来となる。

 原作の『納屋を焼く』は、主人公が出会った女性のボーイフレンドが、実は納屋を焼く趣味を持っていることを知り、近々納屋を焼くと断言されるも焼けた納屋は見つからず、いつの間にか女性も消えてしまう物語。1983年に文芸誌「新潮」に掲載された短編作品で、1987年刊行の『螢・納屋を焼く・その他の短編』に収録されているほか、1992年に米国のザ・ニューヨーカー誌にフィリップ・ガブリエルによって翻訳された作品が掲載された。

 第71回カンヌ国際映画祭は5月8日(火)から開催され、以下のコンペティション部門ノミネート作品の中から最高賞のパルム・ドールやグランプリ、監督賞などが発表される。

コンペティション部門ノミネート作品
『Everybody Knows』アスガル・ファルハーディー監督
『万引き家族』是枝裕和監督
『寝ても覚めても』濱口竜介監督
『At War』 ステファヌ・ブリゼ監督
『Dogman』マッテオ・ガローネ監督
『Le Livre d’image』ジャン=リュック・ゴダール監督
『Sorry Angel』クリストフ・オノレ監督
『Girls of the Sun』エヴァ・ハソン監督
『Ash is Purest White』ジャ・ジャンクー監督
『Capernaum 』ナディーン・ラバキー監督
『Burning』イ・チャンドン監督
『Blackkklansman』スパイク・リー監督
『Under the Silver Lake』デヴィッド・ロバート・ミッチェル監督
『Three Faces』ジャファール・パナヒ監督
『Cold War』パヴェウ・パヴリコフスキ監督
『Lazzaro Felice』アリーチェ・ロルヴァケル監督
『Yomeddine』A・B・シャウキー監督
『L’ete』キリル・セレブレニコフ監督

2018年4月16日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです
  • このエントリーをはてなブックマークに追加