完結! 駄菓子屋コメディ「だがしかし」最終巻がランクイン【コミックスベストセラー】

ニュース

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月22日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『ちはやふる(38)』が獲得した。
 第2位は『DAYS(27)』。第3位は『アルスラーン戦記(9)』となった。

 4位以下で注目は6位にランクインした『だがしかし(11)』。駄菓子屋を舞台にしたコメディ。実在の駄菓子が多数登場することで話題になった作品の最終巻。「ベビースターラーメン」や「うまい棒」などとのコラボ商品も話題となった。2016年1月と2018年1月に2期、テレビアニメ版も放映された。2014年から週刊少年サンデーで連載がはじまり、今年4月11日発売の20号で最終回を迎えた。
 作品に登場する駄菓子好きなお菓子メーカーの令嬢・ほたるの胸像が付属した特別版も5月16日に発売になっている。価格は本体2800円+税。

1位『ちはやふる(38)』末次由紀[著](講談社)

名人位・クイーン位 東西挑戦者決定戦。一度はかるたから離れた新、太一とともに挑戦者となった千早は、3人でこの場所にいる喜びを噛みしめる。西の代表・結川桃は、自分らしいかるたで千早のペースを乱す。その一方、太一は新という壁を越え、その先にいる名人・周防と戦うために新しい戦い方で試合に臨み…!? だれも見たことのない景色を求め、いざ、3本勝負!!(講談社ウェブサイトより)

2位『DAYS(27)』安田剛士[著](講談社)

「あの日からずっと、僕の隣には──」。3対3の同点に追いつき、俄然勢いに乗る聖蹟と、かつてない窮地に追い込まれた王者・梁山。残り時間は5分。両校の譲れぬ想いが激しくぶつかった時、最後のドラマが生まれる──。聖蹟対梁山、運命のゴールを決めるのは!?(講談社ウェブサイトより)

3位『アルスラーン戦記(9)』荒川弘 漫画/田中芳樹 原作[著](講談社)

王太子・アルスラーン、パルス帰還へ! アルスラーン率いるパルス奪還軍は、隣国シンドゥラの王位継承戦の渦中にいた。アルスラーン軍の助力により、王位を懸けた”神前決闘”に勝利したラジェンドラ。新たな国王誕生の歓喜は、しかし敗れたガーデーヴィの謀反によって一転する…。波乱に満ちた王位戦の終結。そして少年を襲う新たな裏切り! 王都奪還を目指す、王太子・アルスラーンの命運は…!? 戦いの地は再びパルスへ!(講談社ウェブサイトより)

4位『スキップ・ビート!(42)』仲村佳樹[著](白泉社)

5位『亜人(12)』桜井画門[著](講談社)

6位『だがしかし(11)』コトヤマ[著](小学館)

7位『亜人ちゃんは語りたい(6)』ペトス[著](講談社)

8位『はじめの一歩(121)』森川ジョージ[著](講談社)

9位『七つ屋志のぶの宝石匣(7)』二ノ宮知子[著](講談社)

10位『五等分の花嫁(4)』春場ねぎ[著](講談社)

〈コミックスランキング 5月22日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2018年5月26日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加