人生は「勘違いさせたもの勝ち」? 有名ブロガーの著書が話題[ビジネス書ベストセラー]

ニュース

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 9月11日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、ビジネス書第1位は『頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法』が獲得した。
 第2位は『会社四季報 業界地図 2019年版』。第3位は『死ぬこと以外かすり傷』となった。

 4位以下で注目は6位に初登場の『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』。有名ブログ「分裂勘違い君劇場」の作者・ふろむださんの著書だ。同書は実力以上に有効な「錯覚資産」について説いた一冊。あたかも有能であるかのように振る舞い他人に「錯覚」させることで、実力以上の機会が与えられ、さらにはそこで得た経験から本当に実力がついてしまう。出世も成功もそのループにはまればこそだと説く。ただし著者は必ずしもそれを無条件に良しとしているわけではなく、「詐欺に引っかからないようにするには、詐欺の手口を知っておく必要がある」とも述べている。著者のブログでは同書の1章から5章までの内容が無料で公開されている。

1位『頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法』田村耕太郎[著](朝日新聞出版)

社内の人間関係や争いにやきもきするのは、時間とエネルギーの無駄。人間の負の感情にとらわれず、淡々と成果を出す。それがグローバル人材の最低条件だ。人間関係に悩むすべてのサラリーマンにおくる画期的仕事論。(朝日新聞出版ウェブサイトより)

2位『会社四季報 業界地図 2019年版』東洋経済新報社[編](東洋経済新報社)

8年連続売上No.1! 累計150万部突破! 『会社四季報』記者が166業界3990社の今を読み解く。『業界地図』の最新版。(東洋経済新報社ウェブサイトより)

3位『死ぬこと以外かすり傷』箕輪厚介[著](マガジンハウス)

NewsPicks Book編集長 箕輪厚介の初の著書。ベストセラー連発! わずか1年で100万部突破! 天才編集者の革命的仕事術がここに明かされる!(マガジンハウスウェブサイトより)

4位『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』伊藤羊一[著](SBクリエイティブ)

5位『10年後の仕事図鑑』堀江貴文[著]落合陽一[著](SBクリエイティブ)

6位『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』ふろむだ[著](ダイヤモンド社)

7位『「読む力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大読書』西岡壱誠[著](東洋経済新報社)

8位『大人の語彙力ノート 誰からも「できる!」と思われる』齋藤孝[著](SBクリエイティブ)

9位『amazon 世界最先端の戦略がわかる』成毛眞[著](ダイヤモンド社)

10位『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』スコット・ギャロウェイ[著]渡会圭子[訳](東洋経済新報社)

〈単行本 ビジネス書ランキング 9月11日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2018年9月15日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加