AIに欠けている「意味を理解しながら正確に読む」能力は、現代の若者にも欠けていた[ビジネス書ベストセラー]

ニュース

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月13日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、ビジネス書第1位は『バカとつき合うな』が獲得した。
 第2位は『頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法』。第3位は『学びを結果に変えるアウトプット大全』となった。

 4位以下で注目は10位の『AI vs.教科書が読めない子どもたち』。トーハン週刊ベストセラー・ビジネス書部門では8月28日以来の再ランクイン。同書は第27回山本七平賞(PHP研究所主催)を受賞し、11月9日に贈呈式が執り行われた。著者の新井紀子さんは贈呈式で、《AIの可能性と限界を明らかにしたうえで、AIに欠けている「意味を理解しながら正確に読む」という能力が、中等・高等教育を受けた若者にもじつは欠けていることをエビデンスから示そうと精一杯取り組んだのが本書です》(PHP研究所ウェブサイトより)と同書に込めた思いを語った。

1位『バカとつき合うな』堀江貴文[著]西野亮廣[著](徳間書店)

あなたは自由になるべきだ。なぜ自由でないのか? 答えは簡単。バカとつき合っているからだ! いま日本で一番自由に活躍するふたり、ホリエモンとキンコン西野による初の共著! 新時代を生きる28の最強の教え!(徳間書店ウェブサイトより)

2位『頭に来てもアホとは戦うな! 人間関係を思い通りにし、最高のパフォーマンスを実現する方法』田村耕太郎[著](朝日新聞出版)

社内の人間関係や争いにやきもきするのは、時間とエネルギーの無駄。人間の負の感情にとらわれず、淡々と成果を出す。それがグローバル人材の最低条件だ。人間関係に悩むすべてのサラリーマンにおくる画期的仕事論。(朝日新聞出版ウェブサイトより)

3位『学びを結果に変えるアウトプット大全』樺沢紫苑[著](サンクチュアリ出版)

全ての能力が最大化する。最新の脳科学でわかった! 説明・アイデア・雑談・交渉など。すべての能力が最大化する、脳科学に裏付けられた伝え方・書き方・動き方。あなたの成長を加速させる80の方法を図解で紹介。(サンクチュアリ出版ウェブサイトより抜粋)

4位『ポケット版「のび太」という生きかた』横山泰行[著](アスコム)

5位『できる人は必ず持っている一流の気くばり力』安田正[著](三笠書房)

6位『会社四季報 業界地図 2019年版』東洋経済新報社[編](東洋経済新報社)

7位『1分で話せ 世界のトップが絶賛した大事なことだけシンプルに伝える技術』伊藤羊一[著](SBクリエイティブ)

8位『amazon 世界最先端の戦略がわかる』成毛眞[著](ダイヤモンド社)

9位『嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え』岸見一郎[著]古賀史健[著](ダイヤモンド社)

10位『AI vs.教科書が読めない子どもたち』新井紀子[著](東洋経済新報社)

〈単行本 ビジネス書ランキング 11月13日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2018年11月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加