2019年『本屋大賞』ノミネート10作が決定 三浦しをん、伊坂幸太郎、森見登美彦など

文学賞・賞

6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日22日に全国の書店員が選んだ一番売りたい本「2019年本屋大賞」のノミネート作品が発表された。

 ノミネート作品は、昨年11月1日から今年1月6日までに行われた全国の493書店、書店員623人による一次投票によって上位10作品が選出された。

 大賞作品および発掘部門、翻訳小説部門の結果は、本日より二次投票が開始され、2019年4月9日に発表される予定だ。

■2019年本屋大賞ノミネート10作(作品名五十音順)
『愛なき世界』三浦しをん[著]中央公論新社
『ある男』平野啓一郎[著]文藝春秋
『さざなみのよる』木皿泉[著]河出書房新社
『そして、バトンは渡された』瀬尾まいこ[著]文藝春秋
『熱帯』森見登美彦[著]文藝春秋
『ひと』小野寺史宜[著]祥伝社
『ひとつむぎの手』知念実希人[著]新潮社
『火のないところに煙は』芦沢央[著]新潮社
『フーガはユーガ』伊坂幸太郎[著]実業之日本社
『ベルリンは晴れているか』深緑野分[著]筑摩書房

 三浦しをんさんと伊坂幸太郎さんは本屋大賞受賞者で、二度目の大賞受賞が期待される。また、森見登美彦さんは4度目、木皿泉さん、知念実希人さん、深緑野分さんは3度目、平野啓一郎さん、瀬尾まいこさん、小野寺史宜さん、芦沢央さんは初のノミネートとなった。

 本屋大賞は、書店員が一番売りたい本を投票で選ぶ賞として2004年に創設された文学賞。選考は書店員の投票によってノミネート作品および受賞作が決定される。

 昨年は、学校で居場所をなくした7人の中学生が鏡の中の世界で心を通い合わせていく物語を描いた辻村深月さんの『かがみの孤城』が大賞を受賞。過去には小川洋子さんの『博士の愛した数式』(第1回)、東川篤哉さんの『謎解きはディナーのあとで』(第8回)、恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』(第14回)などが受賞しており、大賞作品の多くが映像化されている。

Book Bang編集部
2019年1月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加