中居正広のネーミングセンスが光る絵本『♪ピンポンパンポンプー』 2週連続ベストセラー1位

ニュース

294
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 12月8日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、ノンフィクション・ライトエッセイ第1位は『♪ピンポンパンポンプー』が獲得した。
 第2位は『はらぺこ万歳! おかわり 夫婦ごはん&親子ごはん』。第3位は『「育ちがいい人」だけが知っていること』となった。

 1位の『♪ピンポンパンポンプー』はテレビ朝日系のバラエティ番組「中居正広のニュースな会」から生まれた絵本。キャラクターデザインを劇団ひとりさん、文章を古市憲寿さん、全体の監修を中居正広さんが担当している。タイトルは発行元のマガジンハウスからのアドバイスで、「一度聞いたら忘れられない」「覚えやすい」「語呂が良い」「対になっている」「長いより短いほうが良い」「8~10文字」「擬音はひらがな」とのアドバイスを受け、中居さんが発案したもの。一度聞いたら忘れられない印象的なタイトルとなっている。発売前から書店には予約が殺到し発行部数10万部を突破している。

1位『♪ピンポンパンポンプー』中居正広、劇団ひとり、古市憲寿[著](マガジンハウス)

テレビ朝日系「中居正広のニュースな会」で生まれた絵本がついに完成!!(マガジンハウスウェブサイトより)

2位『はらぺこ万歳! おかわり 夫婦ごはん&親子ごはん』たかぎなおこ[著](文藝春秋)

家族ごはん、はじめました! 描きおろしも満載の「おいしい!」が詰まったコミックエッセイです!!(文藝春秋ウェブサイトより)

3位『「育ちがいい人」だけが知っていること』諏内えみ[著](ダイヤモンド社)

婚活成功者続出!難関幼稚園、名門小学校合格率95%!「にじみでる育ちのよさ」と本物の品が身につくと話題のマナー講師が教える、話し方、食べ方、ふるまい、お付き合いの心得。 「育ちのいい人」にとっては当たり前なのに、多くの人が知らないマナー以前の常識250。真似するだけで、今からでも育ちはよくなる!(ダイヤモンド社ウェブサイトより)

4位『えんとつ町のプペル』にしのあきひろ[著](幻冬舎)

5位『私は私のままで生きることにした』キム・スヒョン[著]吉川南[訳](ワニブックス)

6位『ニューヨークで考え中(3)』近藤聡乃[著](亜紀書房)

7位『完全版 ピーナッツ全集(23) スヌーピー1995~1996』チャールズ・M・シュルツ[著]谷川俊太郎[訳](河出書房新社)

8位『完全版 ピーナッツ全集(24) スヌーピー1997~1998』チャールズ・M・シュルツ[著]谷川俊太郎[訳](河出書房新社)

9位『完全版 ピーナッツ全集(25) スヌーピー1999~2000』チャールズ・M・シュルツ[著]谷川俊太郎[訳](河出書房新社)

10位『夜は猫といっしょ(1)』キュルZ[著](KADOKAWA)

〈ノンフィクション・ライトエッセイ 12月8日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2020年12月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加