ガーシー著書がベストセラー初登場1位 読んだ水道橋博士は「つくづくボクには全く接点がない芸能界」

ニュース

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

8月9日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、エンターテイメント第1位は『死なばもろとも』が獲得した。
第2位は『ジェルめもりー』。第3位は『『呪術廻戦』で英語を学ぶ!』となった。

1位の『死なばもろとも』は7月に参議院選挙に当選したガーシーこと東谷義和氏、初の著書。YouTubeでは詳しく語られていない氏の半生が綴られている。氏の行動や発言は賛否両論あるものの、多くの人から支持されていることに間違いない。同じく参院選で初当選したれいわ新選組の水道橋博士は8月1日、自身のブログに『死なばもろとも』の感想を投稿。同書で描かれる世界に対し《つくづくと ボクには全く接点がない芸能界だ》《「アテンダー」という職業すら知らなかった》と告白。《行動原理がまるで違う》としながらも《芸能界が、 義理と人情と筋で出来ているのは、 今更ながら納得できるし、 支持者がいる理由だろう》と氏の人気を分析し《いつか、同期議員として話が出来るのだろうか?》と期待を述べている。

1位『死なばもろとも』ガーシー[著](幻冬舎)

今年最大の問題作!予約殺到につき、異例の初版5万部!

2位『ジェルめもりー』ジェル[著](STPR BOOKS)

3位『『呪術廻戦』で英語を学ぶ!』芥見下々[原作]北浦尚彦[訳・文](集英社)

虎杖、伏黒、釘崎たちと目指せ、英語の領域展開!!大人気連載中『呪術廻戦』の登場人物の熱い名台詞や必殺技を、イラストと共に英語で読める・学べる!マンガを楽しみながら英語が頭に入る画期的参考書。(集英社ウェブサイトより)

4位『羽生結弦 2021-2022 (写真集)』矢口亨[撮影](報知新聞社)

5位『家族。』カジサック[著](ダイヤモンド社)

6位『私が見た未来 完全版』たつき諒[著](飛鳥新社)

7位『事故物件怪談 恐い間取り3』松原タニシ[著](二見書房)

8位『やさしい関係』熊木優[撮影]丹生明里[著](幻冬舎)

9位『Miss』三上悠亜[著](角川春樹事務所)

10位『地球は食べ物 いきもの獲って食べてみた日記』ホモサピ[著](KADOKAWA)

〈エンターテイメントランキング 8月9日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2022年8月13日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加