【児童書】『きょうりゅうたちがけんかした』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

きょうりゅうたちがけんかした

『きょうりゅうたちがけんかした』

著者
ジェイン・ヨーレン [著]/マーク・ティーグ [イラスト]/なかがわちひろ [訳]
出版社
小峰書店
ISBN
9784338126540
発売日
2017/02/28
価格
1,512円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【児童書】『きょうりゅうたちがけんかした』

[レビュアー] 産経新聞社

 ■いさかいを収めるヒント

 プロケラトサウルス、アンハングエラ、カアテドクス…。やや珍しい恐竜たちが登場する。「あーあ、けんかになっちゃった。きょうりゅうたちはどうするの?」と本書は始まる。

 そして、さまざまな恐竜たちがけんかをしそうなムードになる。相手のタオルを汚したり、黒板に悪口を書いたり、弁当を遠くにぶん投げようと…。

 そして中盤、仲直りの方法が示される。「ごめんね」と書いた手紙を渡したり、玩具を貸してあげたり、クッキーを焼いて持っていったり。「けんかをしたって ほんとはなかよし」「けんかのあとには ますますなかよし」

 絵がリアルでありながらも柔らかいタッチで、表情豊かに描かれている。恐竜好きの子供たちも喜ぶだろうが、老若男女のいさかいを収めるヒントにも。

 作者のヨーレン氏は1939年、米ニューヨーク生まれ。子供と大人向けに200冊を超える著作を出している。3人の子供と6人の孫に恵まれたのが創作のアイデアと力になっているのだろう。(ジェイン・ヨーレン文、マーク・ティーグ絵、なかがわ ちひろ訳/小峰書店・1400円+税)

 川村達哉

産経新聞
2017年3月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加