『筆ペン一本で毎日が新鮮!豊じいのごきげん墨絵日記』本多豊國著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

豊じいのごきげん墨絵日記

『豊じいのごきげん墨絵日記』

著者
本多 豊國 [著]
出版社
河出書房新社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784309026459
発売日
2018/01/19
価格
1,404円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『筆ペン一本で毎日が新鮮!豊じいのごきげん墨絵日記』本多豊國著

[レビュアー] 産経新聞社

 墨絵画家の著者が、師匠の「人生の本番は60歳を過ぎてから」という教え通り、還暦で心躍らせ、始めたという墨絵日記。本書は72歳の昨年までに描いた800作から厳選約130作を収録した。

 〈夏の青空を見て心がメラメラ〉〈ゴミを拾う若者に感謝〉〈桜の下で猫と大あくび〉〈東日本大震災 この日を忘れない〉〈苦しいときは「笑い飛ばすの」〉…。

 季節の移ろい、人や生き物、自然、食などとの出会い、そこで得た“気づき”を筆ペンで絵と文章に。下描きなし、描き直しなし、笑いと涙、味わいにあふれた作品から人生のヒントがもらえそう。(河出書房新社・1300円+税)

産経新聞
2018年2月11日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加