【児童書】『ガムじいさん、あんたサイアクだよ!』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガムじいさん、あんたサイアクだよ!

『ガムじいさん、あんたサイアクだよ!』

著者
アンディ・スタントン [著]/石崎洋司 [訳]
出版社
小峰書店
ジャンル
文学/外国文学小説
ISBN
9784338320016
発売日
2018/06/25
価格
1,296円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【児童書】『ガムじいさん、あんたサイアクだよ!』

[レビュアー] 三保谷浩輝

■ページめくる楽しさを知る

 数々の児童文学賞を受賞し、英本国で累計360万部という人気シリーズの第1作だが、日本人にはかなり異色の児童書だろう。

 タイトルからして「あんた」ときた、物語の書き出しも〈この世でサイアクなじじいはだれか?〉。その答えであるガムじいさんは〈とても、人間とは思えない〉容貌で、ゴミ屋敷に住み、子供やペット、楽しいことが嫌い、寝ることや孤独、相手かまわずににらみつけることが好きというひねくれ者だ。

 そのガムじいさんがきれいにしていた庭を荒らすわんぱく犬・ジェイクを退治しようとたくらみ、それを知った女の子・ポリーはジェイクを助けようと…。妖精や魔女、町の変わり者が入り乱れ、シュールでシニカル、ときにお下品な場面もありで、ハチャメチャストーリーが展開。イラストや構成も意表をつく。

 「ふだんあまり本を読まないような子たちに読んで、笑ってほしい。何かを学ぶだけが読書じゃない。ページをめくる楽しさを知ってもらえたら」と担当編集者。同感!(アンディ・スタントン作、デビッド・タジィーマン絵、石崎洋司訳/小峰書店・1200円+税)

 三保谷浩輝

産経新聞
2018年7月15日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加