『高千穂の夜神楽への郷愁』  佐藤都 著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高千穂の夜神楽への郷愁

『高千穂の夜神楽への郷愁』

著者
佐藤都 [著]
出版社
西日本新聞社
ジャンル
芸術・生活/絵画・彫刻
ISBN
9784816709531
発売日
2018/07/23
価格
1,980円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『高千穂の夜神楽への郷愁』  佐藤都 著

[レビュアー] 西日本新聞社

 天孫降臨神話の里・宮崎県高千穂町では、五穀豊穣(ほうじょう)に感謝し、夜を徹して三十三番の神楽を奉納する。国の重要無形文化財でもある地域の生活儀礼を、同町出身の画家が故郷への限りない愛情をこめて描いた。「彦舞」に始まり、「雲下し」で終わる三十三番を簡単な解説を添えて紹介しているほか、各地区に伝わる古い面や高千穂の風景などを描いた作品も収録している。画家は福岡市在住で福岡文化連盟会員。約30年前から夜神楽をテーマに作品を発表する。1944円。出版部=092(711)5523。

西日本新聞
2018年8月4日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

西日本新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加