【児童書】『とりあえず ごめんなさい』五味太郎作

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とりあえずごめんなさい

『とりあえずごめんなさい』

著者
五味太郎 [著]
出版社
絵本館
ISBN
9784871104180
発売日
2019/05/01
価格
1,404円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【児童書】『とりあえず ごめんなさい』五味太郎作

[レビュアー] 加藤聖子

■怒りも一転、味わい深く

 とりあえず「ごめんなさい」。世の中には、そう言っておいた方がいいときもある。そんな場面がいろいろ紹介されているのが本書だが、作者は絵本界の巨匠、五味太郎氏。どんな悪事が起こるのかと思いきや、ひとクセもふたクセもある絶妙なシチュエーションが展開され、思わずクスッと笑ってしまう。

 例えば、運動会の万国旗と一緒に洗濯物が干されていても、桃太郎が、いざ鬼退治と向かった鬼ケ島が高級リゾートになっていても、とりあえず「ごめんなさい」と言われると、怒りを買ってもおかしくなさそうな場面が一転、面白く、味わい深く思えてくる。

 登場人物たちには悪気もないし、失敗しているわけでもない。むしろ、かろやかに「ごめんなさい」と前置きしながら、縦横無尽に自分の世界を満喫し、たくましく生活している。

 それぞれ「ごめんなさい」な状況になるまでに、一体何が起こったのか。もしこんな「ごめんなさい」に出くわしたら…あれこれ想像がふくらんで面白い。(絵本館・1300円+税)

 加藤聖子

産経新聞
2019年5月26日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加