【気になる!】文庫 『今昔百鬼拾遺 天狗』

レビュー

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今昔百鬼拾遺 天狗

『今昔百鬼拾遺 天狗』

著者
京極 夏彦 [著]
出版社
新潮社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784101353531
発売日
2019/06/26
価格
781円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【気になる!】文庫 『今昔百鬼拾遺 天狗』

[レビュアー] 産経新聞社

 女学生の美由紀は年上の美弥子と知り合い、その友人、美智栄が高尾山中で消息を絶ったことを知る。その後、群馬・迦葉山で美智栄の衣服をまとった別の女性の遺体が発見される。また、高尾山では美智栄の失踪と同じ頃、さらに女性2人が行方不明となり…。

 美由紀、美弥子と雑誌記者の敦子が相次ぐ失踪と死の謎に挑む。果たして高尾山、迦葉山に伝説がある天狗(てんぐ)の仕業なのか。「百鬼夜行シリーズ」の「鬼」「河童(かっぱ)」に続く第3弾。

 昭和29年が舞台だが、LGBTや同調圧力、男女格差など今日的テーマも折り込み、読み応えがある。(京極夏彦著、新潮文庫・710円+税)

産経新聞
2019年9月1日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加