【気になる!】新書 『大阪の逆襲 万博・IRで見えてくる5年後の日本』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪の逆襲

『大阪の逆襲』

著者
石川智久 多賀谷克彦 関西近未来研究会 [著]
出版社
青春出版社
ジャンル
社会科学/社会
ISBN
9784413045940
発売日
2020/06/02
価格
990円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】新書 『大阪の逆襲 万博・IRで見えてくる5年後の日本』

[レビュアー] 産経新聞社

 2025年の万博開催に加え、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)誘致の有力候補地で、世界的イベントや再開発の増加など、大阪・関西が多角的な盛り上がりを見せている。

 「食い倒れ」「お笑い」のイメージが強いが、最先端技術が多数集積し、観光・文化などの資源も豊富。さらにコミュニケーション力や持続性を重視するリアリスト気質にあふれ、未来型都市構想などビジネスチャンスは多いと本書は説く。コロナ禍で落ち込んだ日本経済に希望の光を灯(とも)すか。(石川智久、多賀谷克彦、関西近未来研究会著、青春新書インテリジェンス・900円+税)

産経新聞
2020年6月21日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加