この一冊があれば年末年始のステイホームは準備万全

レビュー

10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おいしい酒肴(おつまみ)は白飯にも合う。

『おいしい酒肴(おつまみ)は白飯にも合う。』

著者
栗原 心平 [著]
出版社
平凡社
ジャンル
芸術・生活/家事
ISBN
9784582632279
発売日
2020/10/26
価格
1,650円(税込)

書籍情報:openBD

この一冊があれば年末年始のステイホームは準備万全

[レビュアー] 立川談四楼(落語家)

 第3波と呼ばれる新型コロナウイルスの猛威の中、大都市では飲食店がまたも時短営業を求められ、さらに馴染みの店が消えるのではとの心配があります。

 大部分の会社の忘年会が中止になり、おそらく新年会もそうなるでしょうから、どうしたって家飲みということになります。そこで本書を手にしたわけですが、タイトルが示す通り、左党のみならず、下戸、つまりごはん党にも有益な一冊なのです。

 レシピのカテゴリは、さっぱり酒肴、こってり酒肴、ストック酒肴、ジャンク酒肴、好きな野菜酒肴と5種に分かれ、全55品の料理がカラー写真で紹介されていて、それらがことごとく旨そうなんです。

 さっぱり酒肴の小松菜の出汁浸しには「お尻5秒+葉10秒」とのコツがコピーで添えられ、さすがは「男子ごはん」の人だと納得です。料理に疎い男子は菜の茹で方なんて知りませんからね。「沸騰させずに、ゆっくり、じっくりと」は湯豆腐。「まんべんなく、塩をまぶしたら、ラップをかけず、そのまま冷蔵庫へ」は干さずにおいしい一夜干し……。

 こってり酒肴の極意とは? 

 1動物性の脂が多め 2からみつく味つけ 3噛むと、あふれ出る肉汁 4(調理の)油をケチるな

 と具体的な指示があり、作り手を奮い立たせます。そうです、その気にさせるのです。

 最後は著者の「好きな野菜ベスト5」ですが、順位が私と違うことに驚きつつ、新鮮でした。それでいいんですよね、好みは個人的なものですから。

 この一冊があれば、年末年始のステイホームは準備万全です。これに年越そばと雑煮、そして少々の酒があれば外出の必要はありません。クリスマスの賑わい(賑わうか?)もテレビで間に合うし、密になるであろう初詣さえ行かなくていいのです。それより皆さん、何とか無事に新年を迎えましょう。

新潮社 週刊新潮
2020年12月17日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加