【児童書】『音にさわる』広瀬浩二郎作、日比野尚子絵

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

てんじつきさわるえほん 音にさわる

『てんじつきさわるえほん 音にさわる』

著者
広瀬浩二郎 [著]/日比野尚子 [イラスト]
出版社
偕成社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784032261608
発売日
2021/10/04
価格
1,540円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『音にさわる』広瀬浩二郎作、日比野尚子絵

[レビュアー] 産経新聞社

全身が「手」の「さわるくん」が主人公の点字付き触る絵本。春のサクラ、夏のセミ、秋の落ち葉、冬の雪と春夏秋冬の風物を触って感じる仕掛けが秀逸だ。さまざまな感触の隆起印刷を使い、見て楽しく、触るともっと楽しい。著者は大阪・国立民族学博物館に勤める全盲の文化人類学者。怪談「耳なし芳一」から着想した。あとがきをQRコードで聞ける工夫も。同館で開催中の特別展「ユニバーサル・ミュージアム―さわる!“触”の大博覧会」(11月30日まで)の手引書に。(偕成社・1540円)

産経新聞
2021年10月3日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加