イケメン四天王に気に入られた「ぼっち」の女の子 王道少女漫画の最新巻が発売

ニュース

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 10月17日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、コミックス第1位は『ハイキュー!!(28)』が獲得した。
 第2位は『青の祓魔師(20)』。第3位は『ぐらんぶる(9)』となった。

 4位以下で注目は『春待つ僕ら(8)』。脱「ぼっち」を目指すの女の子が高校に入学し、なぜかバスケ部のイケメン四天王に気に入られ、4人に振り回されながらも成長してゆく王道少女漫画の第八巻。累計150万部を突破している青春ラブコメディーだ。イケメン四天王の属性は
「天然で優しい同級生」
「無邪気な笑顔だが実は腹黒い」
「やんちゃだけどウブ」
「ミステリアスな年上のお兄さん」
とよりどりみどり。毎年公開されるティーン向け実写映画の原作に選ばれる日もそう遠くないだろう。

 ネット上でははやくも、どのキャラクターをどの俳優が演じてほしいかという予想大会がはじまっているが、一方で「実写化絶対反対」との声も聞かれる。想像の中で理想のキャストをあてはめ読むのも一興だが、漫画世界の中だけで完結して欲しいと考えるファンの声も一理ある。7巻の特装版にはドラマCDが付属しており、イケメン四天王はいずれも人気声優が演じている。作者のあなしんさんは自身のTwitterアカウントで「9巻でド○マCD第2弾です」とぼかしつつ告知しており、近いうちにまた豪華声優によるボイスドラマが聞けそうだ。

1位『ハイキュー!!(28)』古舘春一[著](集英社)

春高初戦で勝利を収めた烏野排球部! 続く音駒、梟谷の試合を見届けた日向はユース候補選手・鴎台の星海と出会う。”小さな巨人”と呼ばれる星海の活躍に日向は!? シード校も参戦、波乱の2日目が始まる!!(集英社ウェブサイトより)

2位『青の祓魔師(20)』加藤和恵[著](集英社)

燐達は着々とパーティーの準備を進めるが、始まる直前になって思わぬハプニングが!? その後、パーティーを終えた燐と雪男は自分達の母親の事をシュラから告げられる。自らの出生の経緯に拘る雪男に燐は…!?(集英社ウェブサイトより)

3位『ぐらんぶる(9)』井上堅二[原作]吉岡公威[漫画](講談社)

大学生はお金が欲しい! バイト先のファミレスで再会したのは、因縁の女子大生・毒島桜子だった。鬼のようなシゴキに伊織はタジタジ。そこに現れた美少年・乙矢君は救世主となるのか?(講談社ウェブサイトより)

4位『3月のライオン (13)』羽海野チカ[著](白泉社)

5位『終末のハーレム(4)』宵野コタロー[著]LINK[原作](集英社)

6位『ブラッククローバー(13)』田畠裕基[著](集英社)

7位『銀魂 (70)』空知英秋[著](集英社)

8位『ラブファントム(6)』みつきかこ[著](小学館)

9位『春待つ僕ら(8)』あなしん[著](講談社)

10位『斉木楠雄のΨ難(23)』麻生周一[著](集英社)

〈コミックスランキング 10月17日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2017年10月21日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加