芥川賞・直木賞の候補作が発表 史上初めて6人全員が女性候補に 古市憲寿さん2回連続で注目

文学賞・賞

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本日17日(月)に、第161回芥川龍之介賞と直木三十五賞の候補作が発表された。

 芥川賞は、前回『平成くん、さようなら』に続いて候補となった社会学者の古市憲寿さんによる小説「百の夜は跳ねて」が候補作に選ばれたほか、今回で3度目の候補となった今村夏子さんや砂古川真人、古市さんと同じく前回に続き候補となる高山羽根子さん、そして今回が初の候補となった台湾生まれの李琴峰さんの作品が候補となった。

 直木賞には、今回が初の候補となる朝倉かすみさんの『平場の月』が選ばれた。朝倉さんは、今年5月に山本周五郎賞を受賞しており、直木賞とのダブル受賞が期待される。そのほか、候補となった柚木麻子さんは5度目、原田マハさんは4度目、澤田瞳子さんは3度目、大島真寿美さんと窪美澄さんは2度目の候補となった。また、候補全員が女性となったのは史上初めて。

■第161回芥川龍之介賞(文芸誌)
今村夏子「むらさきのスカートの女」(「小説トリッパー」2019年春号)
高山羽根子「カム・ギャザー・ラウンド・ピープル」(「すばる」2019年5月号)
古市憲寿「百の夜は跳ねて」(「新潮」2019年6月号)
古川真人「ラッコの家」(「文學界」2019年1月号)
李琴峰「五つ数えれば三日月が」(「文學界」2019年6月号)

■第161回直木三十五賞(出版社)
朝倉かすみ『平場の月』(光文社)
大島真寿美『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』(文藝春秋)
窪美澄『トリニティ』(新潮社)
沢田瞳子『落花』(中央公論新社)
原田マハ『美しき愚かものたちのタブロー』(文藝春秋)
柚木麻子『マジカルグランマ』(朝日新聞出版)

 選考会は7月17日に東京・築地の料亭「新喜楽」で行われ、同日中に受賞作の発表、受賞者の記者会見が予定されている。芥川賞の選考委員は、小川洋子さん、奥泉光さん、川上弘美さん、島田雅彦さん、高樹のぶ子さん、堀江敏幸さん、宮本輝さん、山田詠美さん、吉田修一さんの9名、直木賞の選考委員は、浅田次郎さん、伊集院静さん、北方謙三さん、桐野夏生さん、高村薫さん、林真理子さん、東野圭吾さん、宮城谷昌光さん、宮部みゆきさんの9名が務める。

 芥川賞・直木賞はどちらも昭和10年に制定。芥川賞は新聞・雑誌に発表された純文学短編作品が対象。主に新進作家に与えられる。直木賞は新聞・雑誌、単行本で発表された短編および長編の大衆文学作品を対象に優秀作を選定。主に新進・中堅作家が対象。

 前回の芥川賞は、仮想通貨を題材に個人との関わりを描いた上田岳弘さんの小説『ニムロッド』(講談社)と、落ちこぼれのプロボクサーが、変わり者のトレーナーと出会い成長していく姿を描いた町屋良平さんの小説『1R1分34秒』(新潮社)が受賞。直木賞は、第二次世界大戦後の沖縄人を描いた真藤順丈さんの『宝島』(講談社)が受賞している。

Book Bang編集部
2019年6月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加