リアル(写実)のゆくえ 高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの [著]土方明司ほか

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リアルのゆくえ 高橋由一、岸田劉生、そして現代へつなぐもの

『リアルのゆくえ 高橋由一、岸田劉生、そして現代へつなぐもの』

著者
土方明司 [監修]/江尻潔 [監修]
出版社
生活の友社
ジャンル
芸術・生活/芸術総記
ISBN
9784908429118
発売日
2017/04/10
価格
3,240円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

リアル(写実)のゆくえ 高橋由一、岸田劉生、そして現代につなぐもの [著]土方明司ほか

[レビュアー] 週刊新潮

人はなぜ、「写実絵画」に魅了されるのか。信じられないほど精緻な描写の背後に、作者の“狂気”ともいえる執念を見るのかもしれない。明治期から戦後までの名作を通じて写実表現の世界を探る本書は、今年、全国各地を巡回する同名美術展の公式図録でもある。

新潮社 週刊新潮
2017年6月15日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加