『偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理』降田天著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理

『偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理』

著者
降田 天 [著]
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784041079461
発売日
2019/04/26
価格
1,620円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『偽りの春 神倉駅前交番 狩野雷太の推理』降田天著

[レビュアー] 産経新聞社

 著者は早大の同級生でプロット担当の萩野瑛(えい)、執筆担当の鮎川颯(そう)の女性2人による作家ユニット。「鎖された赤」では介護施設に入った祖父の自宅を管理する大学生の尊(たける)が敷地内の土蔵で少女を監禁するが…。元刑事で交番勤務の狩野が尊の悪事を暴き、さらに祖父の驚きの過去のベールもはがす。

 高齢者詐欺グループリーダーの光代が脅迫される顛末(てんまつ)を描く表題作など2編を経て、「見知らぬ親友」と「サロメの遺言」では“落としの狩野”が刑事を辞めた過去が明かされる。第71回日本推理作家協会賞(短編部門)受賞の表題作を含む短編5編の連作集。(KADOKAWA・1500円+税)

産経新聞
2019年6月2日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加