【気になる!】文庫『もうひとつの「流転の海」』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうひとつの「流転の海」

『もうひとつの「流転の海」』

著者
宮本 輝 [著]/堀井 憲一郎 [編集]
出版社
新潮社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784101307596
発売日
2021/10/28
価格
605円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】文庫『もうひとつの「流転の海」』

[レビュアー] 産経新聞社

自らの父親をモデルにした実業家と、その家族の歩みを描いた宮本輝の自伝的小説「流転の海」。3年前に全9部で完結したこの大河小説を愛読してきたライターが、作品世界と重なる短編やエッセー計15編を選んで紹介する作品集だ。

エッセー「吹雪」では厳寒の富山に向かう列車内での出来事が凝縮された言葉で切り取られ、父親の最期について触れた「雪とれんげ畑」では、赤い小さな手鏡が印象的につづられる。シリーズを読んでいない人も、読了して喪失感にさいなまれている人も楽しめる名編がそろっている。(宮本輝著、堀井憲一郎編、新潮文庫・605円)

産経新聞
2021年11月28日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加