<東北の本棚>止まった「時」癒えぬ心

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

帰れない村 福島県浪江町「DASH村」の10年

『帰れない村 福島県浪江町「DASH村」の10年』

著者
三浦 英之 [著]
出版社
集英社
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784087443448
発売日
2022/01/20
価格
682円(税込)

書籍情報:openBD

<東北の本棚>止まった「時」癒えぬ心

[レビュアー] 河北新報

 東京電力福島第1原発事故による放射能汚染で、将来にわたって人が住めなくなった帰還困難区域。テレビ番組の企画でアイドルグループTOKIOが農業体験のロケを行った「DASH村」、福島県浪江町津島地区もそうした受難の土地の一つだ。

 著者は朝日新聞記者。古里を失った元住民をつぶさに訪ね、長期取材した新聞連載を一冊にまとめた。時が止まった家屋や土地、避難生活を続ける人々を活写した写真の数々から、底知れない無念と望郷の思いが伝わってくる。

 旧津島村は原発から北西に約20キロ離れている。原子炉建屋の水素爆発と、不運にも内陸に吹いた風によって広範囲に汚染された。国や福島県は、拡散方向を把握しながら住民には知らせなかった。

 「子どもたちを守れなかった。なぜ教えてくれなかったのか」。沿岸から避難してきた人のために、子どもたちと必死で炊き出しを行った女性は、後悔の念にさいなまれ続けている。癒えることのない精神的苦痛の大きさ。表紙に登場するおばあちゃんが語った壮絶な体験にも、胸が痛くなった。

 村の時計は「震災10年」でも「11年」でもなく、まだ針が「ゼロ」で止まったままなのだ-。あとがきでの筆者の叫びだ。(浅)
   ◇
 集英社文庫03(3230)6095=682円。

河北新報
2022年5月9日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

河北新報社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加