【気になる!】文庫『わたしの金子みすゞ』ちばてつや著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わたしの金子みすゞ

『わたしの金子みすゞ』

著者
ちば てつや [著]
出版社
筑摩書房
ジャンル
文学/日本文学詩歌
ISBN
9784480438393
発売日
2022/09/12
価格
968円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】文庫『わたしの金子みすゞ』ちばてつや著

[レビュアー] 産経新聞社

「みんなちがつて、みんないい。」の一節が有名な大正末期から昭和初期の童謡詩人・金子みすゞ。その詩の世界を、漫画界の巨匠がカラーイラストと文章で表現した本が文庫化された。

先の一節を含む「私と小鳥と鈴と」や教科書に掲載された「大漁」など詩21編を収録。祭りや紙風船、お手玉、木造校舎、おかっぱの少女…。なつかしい日本の風景が鮮やかに広がる。

満州から引き揚げた著者がつづる、幼い頃の体験にほろりとさせられる。詩と漫画家という組み合わせが成立したいきさつについては、漫画家の里中満智子氏が解説で明かしている。(ちくま文庫・968円)

産経新聞
2022年11月6日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加