カズレーザーが「15年ぶりに泣いた」お勧め本 異例の13年ぶりベストセラーランキング返り咲き

ニュース

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

1711171800_1
読書家で知られるカズレーザーさん(右)(本人のインスタグラムより)

12月5日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、新書第1位は『日本史の内幕 戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで』が獲得した。
 第2位は『バカ論』。第3位は『遺言。』となった。

 4位以下で注目は5位にランクインした『妻に捧げた1778話』。小説家の眉村卓さんは余命一年を宣告された妻のために毎日一篇のお話を書き続けた。同書にはそうして書かれた1778篇のなかから選ばれた19篇の短編と、結婚・闘病生活を振り返ったエッセイが収められている。

 同書は11月16日に放送されたテレビ朝日系バラエティ番組「アメトーーク!」の「読書芸人」企画で、芸人のメイプル超合金・カズレーザーさんが取り上げ話題となった。カズレーザーさんは「夫婦の絆の美しさが全部詰まってる。めちゃくちゃ泣けます。とてつもなく泣けます」と力説し、「15年ぶりに泣いた」と告白した。

 2004年6月に発売された同書は13年ぶりにランキングに再登場。十年以上前の本だけに、放映直後は書店店頭には在庫がほとんどなかったが、版元の新潮社は緊急重版をかけ、現在は店頭在庫も潤沢に用意できているという。

■新書 ノンフィクションランキング

1位『日本史の内幕 戦国女性の素顔から幕末・近代の謎まで』磯田道史[著](中央公論新社)

西郷隆盛の性格は、書状からみえる。豊臣秀頼の父親は本当に秀吉なのか。著者が原本を発見した龍馬の手紙の中身とは。司馬遼太郎と伝説の儒学者には奇縁があった――日本史にはたくさんの謎が潜んでいる。著者は全国各地で古文書を発見・解読し、真相へと分け入ってゆく。歴史の「本当の姿」は、古文書の中からしかみえてこない。小説や教科書ではわからない、日本史の面白さ、魅力がここにある!(中央公論新社ウェブサイトより)

2位『バカ論』ビートたけし[著](新潮社)

相変わらずバカがのさばる世の中だけど、これ以上、黙って見ているのはゴメンだね――。「男女の関係はあったのか?」なんて間抜けなことを聞く芸能レポーター、「この責任をどう取るつもりか」と偉そうに語るコメンテイター、「やりたい仕事が見つからない」と口先で嘆くだけの若者……。迷惑なバカから笑えるバカ、愛すべきバカまで、バカを肴に芸論や人生論を語り尽くす。原点回帰の毒舌全開、ビートたけしの「バカ論」!(新潮社ウェブサイトより)

3位『遺言。』養老孟司[著](新潮社)

動物とヒトの違いはなにか? 私たちヒトの意識と感覚に関する思索――それは人間関係やデジタル社会での息苦しさから解放される道にもなる。「考え方ひとつで人生はしのぎやすくなりますよ」、そう著者は優しく伝える。ひと冬籠って書きあげた、完全書き下ろしとなる本書は、50年後も読まれているにちがいない。知的刺激に満ちた、このうえなく明るく面白い「遺言」の誕生! 80歳の叡智がここに。(新潮社ウェブサイトより)

4位『孤独のすすめ 人生後半の生き方』五木寛之[著](中央公論新社)

5位『妻に捧げた1778話』眉村 卓[著](新潮社)

6位『未来の年表 人口減少日本でこれから起きること』河合雅司[著](講談社)

7位『「司馬遼太郎」で学ぶ日本史』磯田道史[著](NHK出版)

8位『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱』呉座勇一[著](中央公論新社)

9位『新聞記者』望月衣塑子[著](KADOKAWA)

10位『投資なんか、おやめなさい』荻原博子[著](新潮社)

■新書 ノベルスランキング

1位『月神の愛でる花  巡逢の稀跡』朝霞月子[著](幻冬舎コミックス発行/幻冬舎発売)

2位『青梅線レポートの謎』西村京太郎[著](KADOKAWA)

3位『ONE PIECE novel 麦わらストーリーズ』大崎知仁[小説]尾田栄一郎[原作](集英社)

4位『ハイキュー!! ショーセツバン!!(9)』古舘春一[原作]星希代子[著](集英社)

5位『継続捜査ゼミ』今野 敏[著](講談社)

6位『十津川警部 日本遺産殺人ルート』西村京太郎[著](徳間書店)

7位『QED~ortus~白山の頻闇』高田崇史[著](講談社)

8位『小説おそ松さん タテ松』石原 宙[小説]赤塚不二夫[原作](集英社)

9位『ブラッククローバー 騎士団の書』ジョニー音田[小説]田畠裕基[原作](集英社)

10位『極上の恋を一匙』宮本れん[著](幻冬舎コミックス発行/幻冬舎発売)

〈新書 ノンフィクション / 新書 ノベルス ランキング 12月5日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2017年12月9日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加