BTS ジョングクの愛読書? 日本でもベストセラー[ノンフィクションベストセラー]

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月2日トーハンの週刊ベストセラーが発表され、単行本 ノンフィクション・教養書他第1位は『樹木希林 120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ』が獲得した。
 第2位は『日本国紀』。第3位は『俺か、俺以外か。 ローランドという生き方』となった。

 4位以下で注目は9位にランクインした『私は私のままで生きることにした』。韓国で60万部のベストセラーが日本に上陸。自分は自分のままで良いのだと説き韓国の若者の間で大いに読まれているという。TV番組で放映されたBTS(防弾少年団)のジョングクさんの自室に同書が映っていたことで「ジョングクの愛読書?」と話題になり、日本での出版を待ち望むファンの声も多かった。2月に発売され今週初のランクインを果たした。

1位『樹木希林 120の遺言 死ぬときぐらい好きにさせてよ』樹木希林[著](宝島社)

樹木希林 120の遺言 とにかく、世の中を面白がること。老いだって、病気だって自分の栄養になる。孤独、成熟、家族、仕事… 希林さんが教えてくれた あるがままの生き方(宝島社ウェブサイトより)

2位『日本国紀』百田尚樹[著](幻冬舎)

私たちは何者なのか――。神話とともに誕生し、万世一系の天皇を中心に、独自の発展を遂げてきた、私たちの国・日本。本書は、2000年以上にわたる国民の歴史と激動にみちた国家の変遷を「一本の線」でつないだ、壮大なる叙事詩である! 当代一のストーリーテラーが、平成最後の年に送り出す、日本通史の決定版!(幻冬舎ウェブサイトより)

3位『俺か、俺以外か。 ローランドという生き方』ROLAND[著](KADOKAWA)

ホスト界の帝王・ローランド、初の著書! 話題の「名言」から浮き彫りになるローランドの素顔を本書で初公開。至高のプロ意識、唯一無二の存在である理由を、哲学・美・愛・仕事・人生の多面的な切り口で語る。ローランドのストイックなまでの生き方と、そのウイットに富んだ名言は、ファンのみならず、年齢や職業を問わず、幅広い方たちの胸に熱く響き、明日への活力になる。ローランドのファンブックとしてはもちろん、ビジネス・自己啓発書としても、是非お読みいただきたい一冊。本書が、読まれる方の人生を変えるかもしれない。「世の中には二種類の本しかない。ローランドの本か、それ以外か」(KADOKAWAウェブサイトより抜粋)

4位『心底惚れた 樹木希林の異性懇談』樹木希林[著](中央公論新社)

5位『チコちゃんに叱られる!』NHK「チコちゃんに叱られる!」制作班[編](小学館)

6位『ぷりっつさんち(6)』松本ぷりっつ[著](主婦の友社)

7位『漫画 君たちはどう生きるか』吉野源三郎[原作]羽賀翔一[画](マガジンハウス)

8位『東大ナゾトレ 東京大学謎解き制作集団AnotherVisionからの挑戦状(8)』東京大学謎解き制作集団AnotherVision[編](扶桑社)

9位『私は私のままで生きることにした』キム・スヒョン[著]吉川南[訳](ワニブックス)

10位『絵本 すみっコぐらし そらいろのまいにち』よこみぞゆり[著](主婦と生活社)

〈単行本 ノンフィクション・教養書他ランキング 4月2日トーハン調べ〉

Book Bang編集部
2019年4月6日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加