【話題の本】『GAFAnextstageガーファネクストステージ 四騎士+Xの次なる支配戦略』スコット・ギャロウェイ著、渡会圭子訳

ニュース

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■コロナで肥大した巨大IT企業

米国のグーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルという巨大IT企業を指す「GAFA」。その言葉を日本に定着させたベストセラー『the four GAFA 四騎士が創り変えた世界』の続編として昨年12月に発売され、3刷6万部と好調な売れ行きを見せている。

ただでさえ巨大なIT企業が新型コロナウイルス禍でさらに支配力を強めるさまを描いた本書だが、意外にもIT業界ではない人々によく読まれているという。編集を担当した桑原哲也さんは「コロナでIT技術の普及が加速したことをみなさんが感じていて、いろいろな業界で起きている変化にどう対応しけいけばいいのかという読み方をされているようだ」と説明する。

それとは別の読者層もいる。「資本主義や格差など大きな社会問題という文脈で読まれている読者もいる」(桑原さん)

年が明けて間もない4日(日本時間)、アップルの株式時価総額が、世界の上場企業として初めて3兆ドル(約345兆円)の大台を超えたことが報じられた。一部の企業への富の集中は何をもたらすのか。IT依存が進む現代社会で、本書の存在価値も高くなっている。(東洋経済新報社・1980円)

森本昌彦

産経新聞
2022年1月15日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

産経新聞社「産経新聞」のご案内

産経ニュースは産経デジタルが運営する産経新聞のニュースサイトです。事件、政治、経済、国際、スポーツ、エンタメなどの最新ニュースをお届けします。