父親が「お前は右翼か」…25歳シンガー・ソングライターのエッセー『自由と愛国のマーチ』山口采希著

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

父親が「お前は右翼か」…25歳シンガー・ソングライターのエッセー『自由と愛国のマーチ』山口采希著

[レビュアー] 産経新聞社

 「采希」。「あやき」と読む。25歳のシンガー・ソングライターだ。本書は「変わっているね」と言われ続けた彼女が、自分の素直な言葉でつづった自伝的エッセーである。教育勅語に胸を射抜かれたことや、ライブでうたう「愛国行進曲」の練習を自宅でしていたら、父に「お前は右翼か」と怒鳴られたことなどが生き生きと語られる。

 中でも感動的なのは、拉致問題を知った彼女が「自分自身に果たせる役割があるんじゃないか」と思い、全身全霊で歌をつくったというエピソードだ。無性に彼女の歌が聴きたくなる。(かざひの文庫・1500円+税)

産経新聞
2016年12月4日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加