『万次郎茶屋』中島たい子著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

万次郎茶屋

『万次郎茶屋』

著者
中島たい子 [著]
出版社
光文社
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784334911621
発売日
2017/04/17
価格
1,728円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『万次郎茶屋』中島たい子著

[レビュアー] 産経新聞社

 動物園で注目もされず、静かな日々を送るイノシシの万次郎。唯一のファンで、画家志望のエリは万次郎の絵本でもうけ、万次郎を自由の身にするという。万次郎とエリ、飼育員の星野による絵本づくりが始まる…(表題作)。

 遠い宇宙からのメッセージをきっかけに西暦を廃止することになった地球。「ぼく」は新たな暦に変わる大みそかに一緒に過ごす「真の友だち」を探す(「親友」)。

 ファンタジー、シュール、コミカル…。全6編、それぞれ描かれる不思議世界に浸りつつ、主人公とともに新たな視点に気づかされ、少しホッとできたりも。(光文社・1600円+税)

産経新聞
2017年6月11日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加