謀叛の児 宮崎滔天の「世界革命」 [著]加藤直樹

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

謀叛の児

『謀叛の児』

著者
加藤 直樹 [著]
出版社
河出書房新社
ジャンル
哲学・宗教・心理学/哲学
ISBN
9784309247991
発売日
2017/04/24
価格
3,024円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

謀叛の児 宮崎滔天の「世界革命」 [著]加藤直樹

[レビュアー] 週刊新潮

アジア主義者、辛亥革命の支援者、そして孫文の友人。宮崎滔天に関する一般的なイメージだ。しかし天皇崇拝や国家主義などと無縁な滔天は、「いかなる意味でも右翼ではない」と著者は言う。ならば何者か。その思想と生涯を検証し、新たな“滔天像”を創出する。

新潮社 週刊新潮
2017年6月29日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加