【児童書】『ごちそうの木』ジョン・キラカ作、さくまゆみこ訳

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし

『ごちそうの木 タンザニアのむかしばなし』

著者
ジョン・キラカ [著]/さくまゆみこ [訳]
出版社
西村書店
ISBN
9784890139835
発売日
2017/07/24
価格
3,240円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

【児童書】『ごちそうの木』ジョン・キラカ作、さくまゆみこ訳

[レビュアー] 産経新聞社

■独特の色遣いでハッピーに

 アフリカ・タンザニアの昔話。日照り続きでおなかペコペコの動物たちが、協力して「ごちそう」を食べようと頑張る話だ。

 大地の真ん中に、たわわに実がなる大木があった。どうやらこの木、「ントゥングル・メンゲニェ」と唱えれば実を落とすらしい。「びっくりするほど素晴らしいもの」を意味するこの言葉、ゾウやキリンが覚えようとするものの、なぜかつい忘れてしまう。そこで最後に、小さなノウサギが挑戦するのだが…。

 作者のキラカさんはタンザニア生まれ。同国は近代化により、大人が子供に昔話を聞かせる口頭伝承の文化が滅びつつある。本書も、キラカさんが村々をめぐり、語り部から伝え聞いた貴重な昔話だという。

 動物たちが着ている服や背景はカラフルかつ独特の色遣いで、ハッピーな気持ちになれそう。筋書きなどにツッコミどころもあるが、作品全体がおおらかな世界観に包まれており、読んでいて心地よい。人気アニメになぞらえ、アフリカ版「けものフレンズ」といえるかも?(西村書店・1500円+税)

 本間英士

産経新聞
2017年8月27日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加