『牧野富太郎 植物博士の人生図鑑』コロナ・ブックス編集部編

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

牧野富太郎

『牧野富太郎』

著者
コロナ・ブックス編集部 [編集]
出版社
平凡社
ジャンル
歴史・地理/伝記
ISBN
9784582635102
発売日
2017/11/27
価格
1,728円(税込)

書籍情報:版元ドットコム

『牧野富太郎 植物博士の人生図鑑』コロナ・ブックス編集部編

[レビュアー] 産経新聞社

 多数の新種植物を発見、命名するなど「日本植物分類学の父」といわれた牧野富太郎の94年の生涯をたどったビジュアル版自叙伝。

 江戸末期の高知に生まれ、幼い頃から植物に熱中。のちに帝国大学新聞に寄せた文章で自身を「草木の精かも知れんと疑います」とつづった。苦労しながら研究を続け、『大日本植物志』『牧野日本植物図鑑』などを出版、小学校中退にして理学博士の学位も得た。

 その評伝とともに草木のスケッチ、標本、原稿、蔵書などの写真も豊富に収録。実地調査などで植物に囲まれた写真には、牧野の素顔がのぞき、ほほえましい。(平凡社・1600円+税)

産経新聞
2018年1月7日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加