被差別部落の真実 [著]小早川明良

レビュー

0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

被差別部落の真実 [著]小早川明良

[レビュアー] 週刊新潮

長らく屠畜や皮なめしを生業とした人々が、被差別部落の起源と思われてきた。だが著者は、江戸時代の賎民差別と明治以降の部落差別には本質的な違いがあると主張する。就職や結婚の際に行なわれる身元調査――現代も続く差別の捉え方に、本書は一石を投じた。

新潮社 週刊新潮
2018年12月6日号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

新潮社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加