【児童書】『あのひと』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あのひと

『あのひと』

著者
マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット [著]/谷川俊太郎 [著]
出版社
スタジオジブリ
ジャンル
文学/外国文学小説
ISBN
9784198649616
発売日
2019/10/09
価格
2,420円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『あのひと』

[レビュアー] 正木利和(産経新聞編集委員)

 ■愛って何だ?

 ひとりであてもなく野山をさまよっている男は、なにを求めているのか。それは、まだ出会ったこともない、「あのひと」。

 彼は、いのちのままに生きている、とつぶやく。木を切って釣りざおをつくり、魚を釣る。火をおこし、暖をとる。そうやっているうちに、だれかが突然、自分の名を呼んだ。

 その声は女になった。それが、「あのひと」だった。ところが、「あのひと」は彼の前からまるで幻のように一瞬で走り去っていった。

 しかし、彼の心の中にはおもかげが残った。そのおもかげをたよりに、男はまた岡を越え、谷をさすらいながら「あのひと」を追いかけていった…。

 愛って何だ?

 その問いに対する詩人、谷川俊太郎の答えが、本書に簡潔な物語として描かれている。ちょっと聖書のなかのアダムとイブを思わせもするが、アニメーション作家ヴィットによる挿絵のおかげで、説教臭が消え、すがすがしいストーリーに仕上がった。(マイケル・デュドク・ドゥ・ヴィット構成・絵 谷川俊太郎・詩/徳間書店・2200円+税)

 正木利和

産経新聞
2019年12月8日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加