『時をかける台湾Y字路 記憶のワンダーランドへようこそ』

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

時をかける台湾Y字路

『時をかける台湾Y字路』

著者
栖来ひかり [著]
出版社
ヘウレーカ
ジャンル
歴史・地理/外国歴史
ISBN
9784909753052
発売日
2019/10/30
価格
1,870円(税込)

書籍情報:openBD

『時をかける台湾Y字路 記憶のワンダーランドへようこそ』

[レビュアー] 産経新聞社

 美術家の横尾忠則さんは、いくつもの作品のモチーフにしたY字路の魅力を、「思案したり迷ったり、人生の岐路に置き換える人もいる」と話す。ふと立ち止まりたくなる。どこか懐かしい。そんな光景は台湾にも広がっていた。

 台湾は昭和20年まで50年間、日本の統治下にあった。台北に暮らす著者は、かつての用水路、鉄道などの痕跡が、Y字路となって街に溶け込んでいたと気づいた。

 時空を超えて、台湾のY字路が語りかけるものは何か。探し求めた約50カ所のY字路の素顔を、軽やかな文章やモノクロの写真、イラストで浮き彫りにしている。(栖来(すみき)ひかり著/ヘウレーカ・1700円+税)

産経新聞
2020年3月22日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加