【気になる!】新書 『江戸東京野菜の物語 伝統野菜でまちおこし』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

江戸東京野菜の物語

『江戸東京野菜の物語』

著者
大竹 道茂 [著]
出版社
平凡社
ジャンル
産業/農林業
ISBN
9784582859379
発売日
2020/03/16
価格
990円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】新書 『江戸東京野菜の物語 伝統野菜でまちおこし』

[レビュアー] 産経新聞社

 江戸から東京へと伝わった伝統野菜。円筒形でダイコンのような長カブの「品川カブ」は、明治以降は市場に出回らなくなり栽培が途絶えていた。著者や農家らの熱意で平成19年から栽培され、品川区のまちおこしにもつながった。

 〈味も香りもよいと、江戸市中で評判になった〉という滝野川ゴボウは、23年から都内の農家で生産され、市場から高く評価されているという。

 都市化の波で特産品が消えていく現状を憂い立ち上がった著者。生産者や自治体などとともに、伝統野菜を復活させた記録だ。(大竹道茂著、平凡社新書・900円+税)

産経新聞
2020年4月12日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加