『暮らしの中に終わりと始まりをつくる』一田憲子著

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暮らしの中に終わりと始まりをつくる

『暮らしの中に終わりと始まりをつくる』

著者
一田 憲子 [著]
出版社
幻冬舎
ジャンル
文学/日本文学、評論、随筆、その他
ISBN
9784344036000
発売日
2020/04/16
価格
1,540円(税込)

書籍情報:openBD

『暮らしの中に終わりと始まりをつくる』一田憲子著

[レビュアー] 産経新聞社

 編集者、ライターの著者は年を重ねたことで、先を急がず、今に向き合うことの大切さを実感したという。そして、「当たり前の毎日をワクワク楽しむ」ため、生活に自分のご機嫌をとるさまざまなしかけ、工夫を取り入れている。

 朝、白湯(さゆ)を飲んで、体の感度を上げる▽ベッドカバーをかけて、暮らしの景色を美しくする▽1日の終わりと始まりに、体重を測(はか)る▽習い事は1年でやめる…。

 「心がどんより」してきたら、一度終わらせてゼロから始める。そのための習慣を紹介する本書。「巣ごもり」が続くなか、リフレッシュに何か試してみてもいいかも。(幻冬舎・1400円+税)

産経新聞
2020年5月17日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加