巧みな構成が冴える、極限の「殺し屋」小説 『KILLTASK』行成薫

レビュー

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KILLTASK

『KILLTASK』

著者
行成 薫 [著]
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文学/日本文学、小説・物語
ISBN
9784041094082
発売日
2020/07/02
価格
1,980円(税込)

書籍情報:openBD

巧みな構成が冴える、極限の「殺し屋」小説

[レビュアー] 西上心太(文芸評論家)

 ある事件を引き起こして表の世界と訣別させられた「僕」は、殺し屋(エージエント)見習いとして初のOJT(オン・ザ・ジョブ・トレーニング)のため、殺し屋の辰巳(たつみ)に同行する。だが発注元の注文に従い、相手を惨殺する辰巳の作業を目(ま)の当たりにした「僕」は、大きな衝撃を受ける。

 一方、辰巳が殺した被害者の捜査に当たった若手刑事臼井理子(うすいりこ)は、事件が自殺で処理されたことに驚く。被害者に刻まれていた逆五芒星の署名。殺し屋の署名がある事件は、解決不可能の案件として、事件にならずひそかに処理されていたのだ。だが五年前、何者かに警察幹部の父をはじめ、母と兄を殺された理子にとって、それは我慢できないことだった。

 悪魔と異名を取る辰巳。天使と呼ばれる伊野尾(いのお)。その二人のマネジメントを請け負い、ハッキングのスキルで協力する杏(あん)。この三人と共に、「僕」は裏の世界のノウハウを身につけていくのだが……。

 裏の世界にようこそ! 剣呑で禍々(まがまが)しく、それなのにポップ。それが行成薫(ゆきなりかおる)の殺し屋・相棒小説『KILLTASK』である。

 恋人を拉致され、祖父のライフルを持ち出した「僕」。ところがその間に自分の家族が惨殺され、「僕」が犯人にされていた理由とは。そして警察を揺るがす「F文書」とは何なのか。

「ゴミ収集の仕事があるだろ。生ゴミの臭いがたまらなく好きだからやってる、なんてやつなんかいるか?」。「殺し屋と単なる人殺しは異なる存在」。

 警句的な洒落た台詞(せりふ)をあちこちにちりばめ、カットバックを多用した巧みな構成から、意外性に富んだストーリーが浮かび上がる。アンリアルな世界をリアルに描く技巧が冴えた作品だ。

光文社 小説宝石
2020年8・9月合併号 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

光文社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加