【気になる!】新書『百人一首 うたものがたり』

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

百人一首 うたものがたり

『百人一首 うたものがたり』

著者
水原 紫苑 [著]
出版社
講談社
ジャンル
文学/日本文学詩歌
ISBN
9784065227909
発売日
2021/03/17
価格
990円(税込)

書籍情報:openBD

【気になる!】新書『百人一首 うたものがたり』

[レビュアー] 産経新聞社

 平安~鎌倉時代の歌人、藤原定家が選者となった和歌集「百人一首」。大人はもちろん、映画化もされた人気漫画のモチーフとして若者にもなじみが深い。

 本書では、現代短歌の第一人者である著者が百人一首を「現代の視点でどこが面白いか」と迫り、一首ごとに字句の解説から詠み人の心情、境遇、人間関係、さらに定家の思惑にまで踏み込んで読み解く。

 なぜ天皇が「恋の歌」を詠むのかなどの疑問や、小野小町、在原業平、紀友則らへのリスペクトなど著者独自の視点からそれぞれの「ストーリー」が紡がれ、歌が身近に感じられる。(水原紫苑著、講談社現代新書・900円+税)

産経新聞
2021年3月21日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加