【今週の労務書】人事担当・管理職のためのメンタルヘルスの教科書 清水隆司著

レビュー

4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人事担当・管理職のためのメンタルヘルスの教科書

『人事担当・管理職のためのメンタルヘルスの教科書』

著者
清水 隆司 [著]
出版社
総合法令出版
ジャンル
社会科学/経営
ISBN
9784862808486
発売日
2022/04/12
価格
1,650円(税込)

書籍情報:openBD

【今週の労務書】人事担当・管理職のためのメンタルヘルスの教科書 清水隆司著

[レビュアー] 労働新聞社

在宅勤務の懸念点指摘

 本書は、部下を持つマネージャー層や非医療職の人事担当者を対象とし、メンタルヘルス・マネジメントとは何かを説いていく。たとえば普段から部下の勤怠の乱れに注意を払うのは管理者の役割と強調し、放置すれば職場全体の問題につながりかねないと警告する。後半では産業医・カウンセラーの立場から、休職中や復職時の実務を詳解している。

 普及の進んだ在宅勤務についても触れ、管理者が理解しておくべき8つのデメリットを挙げた。仕事・プライベートの切替えが困難で休息は取りにくくなるし、「毎日出社できるか否か」で判断してきた復職の基準は曖昧になったとする。発見が遅れて重症化するリスクも高まっており、積極的にコミュニケーションの機会を持つよう求めている。

(清水隆司著、総合法令出版刊、TEL:03-5623-5121、1650円税込)

労働新聞
令和4年5月23日第3353号16面 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

労働新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加