【児童書】『戦争が町にやってくる』ロマナ・ロマニーシン、アンドリー・レシヴ作、金原瑞人訳 繰り返される悲劇

レビュー

1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

戦争が町にやってくる

『戦争が町にやってくる』

著者
ロマナ・ロマニーシン [著]/アンドリー・レシヴ [著]/金原瑞人 [訳]
出版社
ブロンズ新社
ジャンル
芸術・生活/絵画・彫刻
ISBN
9784893097095
発売日
2022/06/03
価格
1,760円(税込)

書籍情報:openBD

【児童書】『戦争が町にやってくる』ロマナ・ロマニーシン、アンドリー・レシヴ作、金原瑞人訳 繰り返される悲劇

[レビュアー] 藤井沙織(産経新聞社)

舞台はロンドという架空の町。人々は花を育てたり、歌を歌ったりして暮らしていた。ところがある日、「戦争」がやってくる。町を破壊され、人々はなすすべもなく、ひとり、またひとりと消えていく。そんな中、主人公のダーンカたち仲良し3人組はロンドを暗闇から救い出そうと奔走し、町中の人が力を合わせて戦争に立ち向かう。

「『戦争』とは何か、親子で話し合うきっかけに」と、ウクライナの2人の作家が描いた。今年2月から続くロシアによるウクライナ侵攻を連想するが、最近の作品ではない。

原書は2014年のウクライナ南部クリミア侵攻の体験がきっかけとなり、15年に刊行された。悲劇が繰り返されていることを思い知らされる。

表紙と作中で描かれた赤い花はヒナゲシ。欧州を中心に、第一次世界大戦の犠牲者を追悼するシンボルとされる。物語では、最終的に人々が日常を取り戻し、壊された町も復興する。しかし、傷ついた人や町は決して元通りにはならない。(ブロンズ新社・1760円)

藤井沙織

産経新聞
2022年8月7日 掲載
※この記事の内容は掲載当時のものです

産経新聞社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加